川崎市 武蔵小杉で遺言書作成・相続業務の相談をするなら

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは

遺言者が自らの手で、遺言の全文、日付及び氏名全てを自筆し、押印して作成する遺言書のことです。全て自筆する必要があり、パソコン等で作成したものは無効となります。
そして、遺言者死亡後、遅滞なく家庭裁判所の検認を受けなければなりません。

 

 

 

検認とは

検認日現在における遺言書の形状、内容等を明確にして、後日の偽造、変造を防止するために行う証拠保全の手続きで、有効無効を判断をするものではありません。遺言書の有効無効を争うには、別途、「遺言無効確認訴訟」という手続きを行う必要があります。
検認の手続きが完了するのは1〜2ヶ月程度かかることも注意が必要です。

 

 

メリット

簡易簡単、安価

 

デメリット

紛失、偽造変造の恐れがある
家裁の検認を行う必要 
遺言の存在が明らかでなく、相続人に見つけてもらえないと結局その存在が明るみに出ない可能性がある

安心で迅速な申請手続きは【行政書士三原光博事務所】

川崎行政書士建設業許可の依頼をお考えでしたら【行政書士三原光博事務所】にご相談ください。【行政書士三原光博事務所】は、川崎市中原区武蔵小杉に事務所を構え、宅建業免許や遺言・相続業務にも対応しております。


依頼主様のご事情・ご要望に応じて、安心で迅速な申請手続きを心がけていますので、川崎で行政書士をお探しの方は、是非【行政書士三原光博事務所】にお問い合わせください。





ホーム RSS購読
ホーム ご挨拶 取扱業務 お役立ちコラム 事務所案内 お問い合わせ